#歴史
PR

伊能忠敬旧宅

スイゴウの人
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

江戸時代に実測日本地図を作った伊能忠敬が、実測の旅に出る前17歳から50歳まで30年余りを過ごした家で、国の史跡に指定されています。

醸造業などを営んでいた伊能家の土蔵造りの店舗のほか、炊事場、書院、土蔵が残っており、当時の様子をうかがい知ることができます。土蔵は古い様式を残し、佐原でも古い時代の建物といえるんですよ。

小野川に面した、「だし」と呼ばれる荷揚げの階段は、小江戸さわら舟めぐりの発着場所となっているほか、目の前の小野川にかかる樋橋(通称:ジャージャー橋)、その橋を超えた先にある伊能忠敬記念館など、佐原観光の中心とも言える場所となっております。

基本情報

住所千葉県香取市佐原イ1900-1 Googleマップを見る
交通アクセス(車)東関東自動車道佐原香取ICから車で10分
交通アクセス(公共)JR佐原駅より徒歩25分
電話番号0478-54-1118 (伊能忠敬記念館)
営業時間9時〜16時半
定休日年末年始(12月29日から1月1日まで)

施設サービス

■対応
■対応していません

小さなお子様をお連れの方

  • 授乳室
  • おむつ交換台
  • キッズスペース

バリアフリーサービス

  • 車椅子対応トイレ
  • スロープ/エレベーター設置
  • おもいやり駐車場

ペットをお連れの方

  • ペット同伴可
  • ペット専用スペースあり
  • キャリーバックにて同伴可能

キャッシュレス対応

  • クレジットカード
    (VISA / MASTER / JCB / AMEX / Diners / 銀聯 )
  • 電子決済
sponsorlink
ABOUT ME
スイゴウの人
\スイゴウの人がスイゴウの今を紹介!/
千葉県・茨城県にまたがる利根川下流域や霞ヶ浦周辺を示す『水郷(すいごう)』。
どこか懐かしいこの場所で、まちにとけこむように旅をして、ここでしかできない遊びをプラス、体験や経験をプラスできるように、リアルタイムの情報を発信しています!
記事URLをコピーしました